arrow-down-servicearrow-downarrow-rightarrow-topicon-arrowicon-baricon-blankicon-digitalicon-facebookicon-mailicon-physicalicon-service-circleicon-service-consulting_1icon-service-consulting_2icon-service-consulting_3icon-service-consultingicon-service-creative_1icon-service-creative_2icon-service-creative_3icon-service-creativeicon-service-customer_supporticon-service-fulfillment_1icon-service-fulfillment_2icon-service-fulfillment_3icon-service-ict_1icon-service-ict_2icon-service-ict_3icon-service-kaizenicon-service-linkicon-service-logistics_1icon-service-logistics_2icon-service-logistics_3icon-service-logistics_distributeicon-service-manufacturingicon-service-printing_1icon-service-printing_2icon-service-printing_3icon-twitterlogo-en_colorlogo-en_whitelogo-jp_blacklogo-jp_white

SERVICE事業内容

宛名・ダイレクトメール印刷

ダイレクトメールとは

ダイレクトメール(Direct Mail)とは、「DM」と略して呼ばれることも多く、個人・法人宛に直接届く広告・宣伝・通知手法のことを指します。
郵便はがきや封書、メール便など形態は様々で、個人向けのWebメールによる宣伝・通知もDMに含まれます。
送付先となる顧客データベースと連動し、年齢や性別、地域、購入履歴や個々人の趣向に合わせた属性を付与し、送る相手に合わせたパーソナライズ広告が活用されています。
またWebとのクロスメディア展開も活発に行われ、Webページへの導入を狙いQRコードやURLを印刷物としてのDMに載せることで、商品やサービスに関してさらに詳しい情報を提供し、購買などへ繋げることが期待されます。

ダイレクトメールの効果・メリット

ダイレクトメールは、「新商品・サービスの告知・宣伝」「商品・サービスの利用状況や請求」「セール・キャンペーンの通知」「クーポンや割引の発行・送付」など幅広い用途に用いられます。

送付先となる相手に行動喚起を行うのがダイレクトメールの狙いとなります。しかし実際にダイレクトメールを受け取った人に「商品購入」や「商品について調べる」といった行動を起こすには、ダイレクトメールの送り主との信頼関係が重要になります。
「本人宛である」や「利用実績がある」といった、本人が送り主やサービスを認知していることでDMの開封率が上がる傾向にあり、逆に「宛名なし」「利用歴なし」のDMは不信感が高まり、開封率が低い傾向にあります。

また、受け取った消費者にとってメリットのある内容(クーポンや割引など)で、かつそれが本人により最適化された内容であること(誕生日、購入回数に応じた特典など)がさらに行動喚起を高めます。

水上印刷の宛名・ダイレクトメール印刷が支持される理由

宛名・ダイレクトメールには意匠や製品の同梱など、送付する相手に合わせて様々なパターンを設計する必要があります。
水上印刷は宛名・ダイレクトメール印刷の基本となるバリアブル(可変)印刷において多くの実績を持っています。

バリアブルデータの生成

水上印刷の提供するフルサービスで、データベース構築からデザイン制作、個別配送まで、トータルで対応いたします。
水上印刷はプライバシーマークの認証取得もしており、個人情報の扱いにおいても万全を期しています。システム開発チームがお客様から頂いたデータを、効率的かつ安全にデータベースを構築します。

また出来上がった製品は、ロジスティクス機能を兼ね備えることで店舗向けの販促物同梱作業など、きめ細かい個別対応が可能です。