arrow-down-servicearrow-downarrow-rightarrow-topicon-arrowicon-baricon-blankicon-digitalicon-facebookicon-mailicon-physicalicon-service-circleicon-service-consulting_1icon-service-consulting_2icon-service-consulting_3icon-service-consultingicon-service-creative_1icon-service-creative_2icon-service-creative_3icon-service-creativeicon-service-customer_supporticon-service-fulfillment_1icon-service-fulfillment_2icon-service-fulfillment_3icon-service-ict_1icon-service-ict_2icon-service-ict_3icon-service-kaizenicon-service-linkicon-service-logistics_1icon-service-logistics_2icon-service-logistics_3icon-service-logistics_distributeicon-service-manufacturingicon-service-printing_1icon-service-printing_2icon-service-printing_3icon-twitterlogo-en_colorlogo-en_whitelogo-jp_blacklogo-jp_white

SERVICE事業内容

SNS運用

SNSとは?

SNSとは、Social Networking Service(ソーシャルネットワーキングサービス)の略で、実際の人間関係を媒介に様々な情報を共有し、交流を支援・提供するWeb上のサービスのことを指します。
SNSはマスメディアに対応してソーシャルメディアの一つとされ、代表的なサービスには「Facebook」「Twitter」「Instagram」などが挙げられます。その特長は、ユーザー自信がコンテンツの発信者となり、マスメディア以上のリアルタイム性、コミュニティとしての場が広くオープンに公開されていることで、従来つながりや交流が起き得なかった人たちや組織を結びつけ、大きなムーブメントを生み出すことにあります。
またYouTubeに代表される動画共有サイトや、InstagramやTikTokといったSNSでは、クリエイター自身がコンテンツとなって情報が発信されています。既存メディアが情報を発信する時代から、個人がそれぞれの価値観を表現する時代に変化しています。

画像

SNSマーケティング運用

近年企業のSNSマーケティング活動は、ますます活発となってきています。
スマートフォンの普及に伴い、ユーザー自身が見ている媒体は非常に多く、複雑になっています。
その商品がどの年齢層を狙っているのか、そのサービスを利用しているターゲットはどのSNSで情報を得ているのか、SNSを利用している側と、販促活動を行う側のマッチングが図れなければ、十分な宣伝効果は得られません。
企業自身がSNSマーケティングを行うだけでは意味が無く、その利用者自身、また影響力をもつユーザーがどれだけ増え、話題にしているか(=ファンがどれだけ増えているか)が、SNSマーケティングにおいて重要となります。

また「インスタ映え」という言葉に代表されるように、その商品・サービス自体がSNSにおいてどれだけ評価が得られるか、またそれを得られる製品かどうかということは近年非常に重要になっています。

水上印刷のSNS運用

水上印刷では幅広い業界・消費者に届くキャンペーンのマーケティング企画提案、コンテンツ制作が可能です。
自社にクリエイティブデザイン部門・システム開発部門を有しているので、SNS展開やWeb制作などオンライン×オフラインで展開することができます。

→WEB×店頭プロモーション事例はこちら!

“WEBプロモーション”と“店頭プロモーション”を一元化した運用を行うことで、企画・ビジュアルの共通化と運用の合理化を実現する。