arrow-down-servicearrow-downarrow-rightarrow-topicon-arrowicon-baricon-blankicon-digitalicon-facebookicon-mailicon-physicalicon-service-circleicon-service-consulting_1icon-service-consulting_2icon-service-consulting_3icon-service-consultingicon-service-creative_1icon-service-creative_2icon-service-creative_3icon-service-creativeicon-service-customer_supporticon-service-fulfillment_1icon-service-fulfillment_2icon-service-fulfillment_3icon-service-ict_1icon-service-ict_2icon-service-ict_3icon-service-kaizenicon-service-linkicon-service-logistics_1icon-service-logistics_2icon-service-logistics_3icon-service-logistics_distributeicon-service-manufacturingicon-service-printing_1icon-service-printing_2icon-service-printing_3icon-twitterlogo-en_colorlogo-en_whitelogo-jp_blacklogo-jp_white

NEWSお知らせ

経済産業省の実証事業「AI Quest」の発表会が開催されました。

今月8日、水上印刷が参加している実証事業「AI Quest」の発表会がオンラインにて開催されました。

AI Questは、政府の提唱する「AI戦略2019」に基づき、データ・AIを活用できる人材を育成するため、経済産業省が主体となって実施されています。
AI技術を開発・研究する社会人・学生を対象に、実際の企業の現場で起こる課題に取り組むことができるプログラムとなっており、当社のICT部門メンバーも新たな「AI人材」を目指して参加しています。

今回、AI技術を用いて実際の企業の課題を共に解決する「企業協働」プログラムに対して、当社で生産した製品のサイズや部数といった生産情報と、その生産にかかった印刷機・加工機の作業時間のデータを提供しました。
それらの情報をもとに、企業協働プログラムへ選抜されたメンバーに、「生産加工の作業時間をAIで予測する」というモデル実証をして頂きました。

約2カ月間、当社のICT部門が、プログラム参加メンバーと毎週オンラインでの打ち合わせや現地調査を重ねました。
その結果、今回の目標とした「AI予測による生産工数の予測誤差の減少」に成功しました。

今回のAI Questでは、生産機械を対象としてAI予測を活用して生産性向上を図りました。
今後も当社では、様々な領域・分野で積極的なAI活用を推進し、お客様や私たち自身のさらなる価値創造、また社会全体でのデジタルデータ活用の発展に寄与していけるよう、努めて参ります。

close