arrow-down-servicearrow-downarrow-rightarrow-topicon-arrowicon-baricon-blankicon-digitalicon-facebookicon-mailicon-physicalicon-service-circleicon-service-consulting_1icon-service-consulting_2icon-service-consulting_3icon-service-consultingicon-service-creative_1icon-service-creative_2icon-service-creative_3icon-service-creativeicon-service-customer_supporticon-service-fulfillment_1icon-service-fulfillment_2icon-service-fulfillment_3icon-service-ict_1icon-service-ict_2icon-service-ict_3icon-service-kaizenicon-service-linkicon-service-logistics_1icon-service-logistics_2icon-service-logistics_3icon-service-logistics_distributeicon-service-manufacturingicon-service-printing_1icon-service-printing_2icon-service-printing_3icon-twitterlogo-en_colorlogo-en_whitelogo-jp_blacklogo-jp_white

SERVICE事業内容

CRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)

CRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)とは?

CRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)は、直訳すると「顧客関係管理」や「顧客管理」と訳されます。広義では、「顧客との関係性を管理するマネジメント手法全体」を意味しますが、狭義においては、数多く存在する「顧客管理のITツール」を指すことも多くなっています。

生活者の嗜好が多様化し、顧客ニーズは細分化されています。そこで重要なのが、顧客情報を構造化したデータとしてITツールに集積し、データを整理・分析することにより、マーケティング活動の精度を高めていくことです。

デジタルマーケティングの誕生以来、パーソナライズド広告やDM、レコメンデーション技術、MA(マーケティングオートメーション)の登場により、CRMデータベースは、デジタルマーケティングの基盤として重要なものになってきています。

なぜCRMが求められるのか?

ITを使って顧客情報を管理することにより、分析・可視化することで顧客に対して最適なマーケティングを適用していくことができます。

  • 顧客ニーズの多様化により、マーケティングの精度向上が求められている
  • 細分化・精度向上のマーケティングを実現するためには、基盤となる顧客データベースが必要である

データを集めるだけでなく効率的に活用するために、目的に応じて運用していくことが重要になります。

水上印刷のCRMが支持される理由

水上印刷は、CRMツールの提供者ではなく、One to One マーケティングを実現するために、ボトルネックとなる「データ分析・プロモーション制作」と「セグメント製造・One to Oneフルフィルメント」を強みとしています。

  • データ分析・プロモーション制作
    水上印刷では自社でFCチェーンの小売店を経営し、POPや立て看板、店頭でのサイネージ動画など、様々なプロモーション制作を行い、宣伝掲出期間中の来店客数や日販金額が何%アップしたかなど、実際の購買情報をもとにデータ分析を行っています。
    こうした実績をもとに、リアルな現場から見えてくる販促物のご提案を提供いたします。
  • セグメント製造・One to Oneフルフィルメント
    水上印刷はフルサービスを標榜し、お客様の「メンドくさい」を解決することを使命としています。
    お客様専属の担当営業・クリエイティブ・システム開発チームを組織し、ニーズに合わせた工程設計を行い、またその先の消費者ひとりひとりに合わせた個別パターン対応の在庫管理・配送といったフルフィルメント業務を提供いたします。

→WEB × 店頭プロモーション事例はこちら!

WEBプロモーション”と“店頭プロモーション”を一元化した運用を行うことで、企画・ビジュアルの共通化と運用の合理化を実現する。