HOME > 技術 > 広色域印刷(ワイドカラー)
高付加価値を追求する印刷技術「広色域印刷(ワイドカラー印刷)」

広色域印刷(ワイドカラー印刷)

カラー印刷の進化!6色・7色印刷の色域を、クリアで鮮やかに、プロセス4色で再現。

Kaleidoプロセス4色で再現できない鮮やかな色域については、特色などを併用し、6色・7色印刷を行っております。色再現域を広げた東洋インキ製造(株)開発の「Kaleido(カレイド)」インキを使用する事で、プロセス4色でのみ近い色再現が可能となります。化粧品、CGイラストや写真集などのクリアで鮮やかな色表現がコストを抑え可能となります。

カレイドの持つ広色域

ガモット図( Xyz平面 )ガモット図( a・b・平面 )3Dガモット図左の図は、モニター画面でみるRGB、カレイドインキ、従来インキの色域を比べた図になります。ご覧の通リ従来インキよりはるかに広い色域をもち、特に黄から赤の階調が非常に豊かです。

これがカレイドの実力!

従来インキ カレイドインキ 比較解説
①従来インキよりはるかに広い色再現域で黄から赤の階調が豊かになっています。
②強い赤の階調再現も向上しています。
③マゼンタの発色が鮮やか、特に白からピンクの再現が綺麗になります。
④特に今まで印刷では再現しにくかった濃いブルーが、カレイドでは階調も色再現も格段に向上しています。

広色域(ワイドカラー)印刷実施のポイント

事前にカレイドカラーチャートで、色の再現性を確認。 カレイド専用プロファイルで、データ作成。

*上記2点は、東洋インキ製造株式会社様にて無料配布しております。
>>http://www.toyoink.co.jp/index.html

カレイドカラーチャート

*カレイドカラーチャートは、水上印刷多摩工場で印刷したものです。

お電話でのお問合せ 03-4455-7814 メールでのお問合せ お問合せフォーム

PAGETOP

メニュー
水上印刷の実績