HOME > 生産現場 > 生産性向上活動「ポルフ」
きれいな工場でしか良い印刷物はつくれない

工場革新のための実践的プログラム

ポルフ(PPROF)				
Practical Program Of Revolutions in Factories

生産性向上と品質安定。
日々の改善の積み重ねが、お客様の製品を守る。

水上印刷では、2000年から「ポルフPPORF (Practical Program Of Revolutions in Factories) 」という
「生産性UPと品質安定」のための工程改善活動を取り組んでおります。

ポルフとは?

生産性向上と品質安定のための日々の改善活動。20項目のすべてを実践することで、全社の推進力となる。

銀賞世界で55ヶ国(約300社)で実践されている20項目からなる工程改善の実践的プログラムです。
海外では「20Keys」と呼ばれており、ドイツ・シー メンス社ではポルフを実践してドイツNo.1の企業になったとして 経済省から表彰されました。水上印刷では、2009年春に世界で8社目となる銀賞を受賞しました。

ポルフの目的と特徴

生産性
向上 1“探す時間”という無駄をなくす! 2作業スペースを有効に活用できる! 3作業導線が効率的になる!  品質安定 1不要物や異物の混入を防ぐ! 2作業時の人的ミスが減る! 3機械の故障・誤動作が減る!

ポルフの改善20項目

製造体質の強化

ISOとポルフの相乗効果

生産性UPと事故ゼロを目指す

ポルフによる改善事例

CASE01

<事例1>
NO.1 4S(整理・整頓・清潔・清掃)
事例内容
4s活動が早く、確実な作業をもたらします。 通路に物が散らかっていたら、邪魔なだけでなく、製品のキズなどの事故にもつながります。また、棚や机が乱雑だったら、資料を探すのに時間がかかり、年間で膨大なム…

詳しくはこちら

CASE02

<事例2>
NO.9 機械設備の保全
事例内容
機械設備保全活動は、機械故障を防ぎ安定供給をもたらします。
忙しさにまかせメンテナンスを怠ると機械故障が発生し、結局は生産性低下をまねきます。さらに、納期遅延や製品提供中止といった事態にまで陥る可能性もあります。…

詳しくはこちら

CASE03

<事例3>
NO.11 品質保証体制
事例内容
品質保証体制活動は、ミスロスを防ぎ安定品質をもたらします。
不良によって、ミスロスというムダなコストが発生するだけでなく、お客さまのビジネスに重大な損害を与えることにもなりえます。重要なことは「不良を発見すること」から「不…

詳しくはこちら

お電話でのお問合せ 03-4455-7814 メールでのお問合せ お問合せフォーム

PAGETOP

メニュー
水上印刷の実績